リニューアル用省エネ蛍光灯インバータ

既設の蛍光灯器具はそのままで、内部の点灯回路である安定器をリニューアル用省エネインバータに交換することで天井補修することなく、機器費や交換費を最小限に抑え、更には消費電力を大幅に削減することができます。

LEDの進化スピードは早く、消費効率(lm/W:明るさと消費電力の割合)だけでは既に蛍光灯を上回った製品が次々と市場に投入されております。

しかしながら、コストと製品仕様の多様性からいまひとつ採用に踏み切れないという声が大多数です。

そのような現状でリニューアル用省エネインバータへの交換は、老朽化した蛍光灯器具の安全性向上と低コストで省エネ化を実現できる方法です。

 

image006.gif

 

▲このページのトップに戻る