長寿命蛍光ランプ

  ビルや工場などの施設オーナー様や施設管理会社様、または店舗管理運営会社様向けに照明の管理工数と経費
  削減のご提案です。

 

  今や長寿命照明といえばLED。

  しかしながら、蛍光ランプにもLEDに迫る長寿命タイプがあることをご存じですか。


  日頃、以下のようなことでお困りの方、一度長寿命蛍光ランプを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

    ☆ 蛍光ランプの交換作業に手間がかかる。        

           ・1日の点灯時間が長いため、ランプの交換サイクルが短い。

           ・照明器具の取付高さが高く、ランプ交換が大変。

           ・工場内の機械設備の上に照明器具が設置されていて、ランプ交換が困難。

                         → 交換回数を減らし、管理工数やランプコストを少しでも削減したい。


      ☆ 廃棄ランプ量を削減したい。

           → 蛍光ランプは産業廃棄物でもあり、処分するにはコストがかかるため、廃棄ランプ量を減らし廃棄
              コストを削減したい。


      ☆ LED化を検討しているが、予算の問題もあり、まずは簡単に照明にかかる費用を削減したい。

               → LEDについては、製品性能も年々アップし低価格化も進んできたが、さまざまなタイプがあり
                               どれを選定すれば良いか決めかねる。また、簡単に交換できるほどの価格には至っていない。
                               特に、現在使用中の照明器具が使用してからまだ5〜6年ぐらいで、コストをかけLEDへ交換
                               するのは現実的でない。

 

 

  このような方々に、UVカット機能の付いた長寿命蛍光ランプをご紹介いたします。

 

   

 

 

  長寿命蛍光ランプ       【ハイルミックUV プレミアム】

 

30,000時間の長寿命!※1

 ということは

・一般の蛍光ランプに比べ 2.5倍!

10年間ランプ交換不要!※2

 

  現在、高周波点灯タイプのFHF32W形、FHF86W形蛍光灯器具をご使用の場合、ランプを交換するだけで長寿命化

  が実現できます※1

 

1. 長寿命だからランプ交換回数を大幅に削減できます。

● FHF32W形

     ・ハイルミックUVプレミアム        定格寿命30,000時間          ・定格寿命 2.5倍!
     ・一般形                   定格寿命12,000時間                 ・交換回数 60%削減!※3

● FHF86W形

   ・ハイルミックUVプレミアム       定格寿命24,000時間             ・定格寿命 2倍!
     ・一般形                       定格寿命12,000時間                 ・交換回数 50%削減!※4

 

                      ランプ交換回数比較.jpg 

※1. 定格寿命はJISに則した試験データに基づいて算出した平均寿命であり、使用環境、使用方法により寿命が異
    なります。 また、お使いの照明器具のインバータ特性によっては寿命が短くなる場合があります(基本的には
    一般の蛍光ランプ寿命より短くなることはありません)。ご使用中の照明器具が、FL(R)40W形やFLR110W形
    の場合は専用インバータへの交換が必要です。

※2. 年間点灯3,000時間使用の場合。
※3. 削減率:(30,000時間−12,000時間)/30,000時間x100=60%
※4. 削減率:(24,000時間−12,000時間)/24,000時間x100=50%

 

2. ランプ交換回数が減ることで、廃棄ランプの処分費も削減できます。

ランプの交換回数が減った分、ランプの使用本数も同様に減りますので、処分する本数も減り処分費を削減することができます。

 

3. 同時にランプ費用も削減できます。

 

● FHF32W形             1時間あたりのランプ代  38%削減 ※5   

 

・ハイルミックUVプレミアム      定格寿命30,000時間         標準単価 ¥2,600(税別)

1時間あたりのランプ代 : ¥2,600/30,000時間=0.087 ¥/時間…….@

                

・一般形                      定格寿命12,000時間           標準単価 ¥1,680(税別)

1時間あたりのランプ代 : ¥1,680/12,000時間=0.140 ¥/時間…….A

           

         ※5. 削減率 : ( A0.140−@0.087)/ A0.140 x 100=37.9%

 


● FHF86W形                    1時間あたりのランプ代  42%削減 ※6

  

・ハイルミックUVプレミアム        定格寿命24,000時間            標準単価 ¥5,000(税別)

1時間あたりのランプ代 : ¥5,000/24,000時間=0.208 ¥/時間…….@

 

・一般形                       定格寿命12,000時間            標準単価 ¥4,320(税別)

1時間あたりのランプ代 : ¥4,320/12,000時間=0.360 ¥/時間…….A

           

  ※6. 削減率 : ( A0.360−@0.208)/ A0.360 x 100=42.2%

 

 

 注)上記価格は定価(メーカー標準価格)ですので、実売価格はお問い合わせください

 

→ 価格や製品についてのお問い合わせはこちら

 

 

4. UVカット機能も付いて、虫の寄り付きや色あせを抑えます。

蛍光ランプは紫外線を発し、ガラス管内に塗布した蛍光体に吸収され可視光として発光しますが、その際微量ではあるものの紫外線自体もランプから漏れ出ています。
昆虫はこの紫外線域をもっとも強く感じ取るため、蛍光ランプの光に集まってきます。
また、印刷物や衣類など物の色あせも紫外線によっておこります。


UVカット材をコーティングすることにより、ランプから出ている紫外線を約75%カットして、虫の寄り付きや色あせを抑えます

 

UVカット分光分布.jpgUVカット断面図.jpg

 

 

5. 防飛形・退色防止用もラインアップ。

FHF32W形には、防飛形・退色防止用もラインアップされており、特に以下のような施設におすすめです。

@幼稚園保育園学校関係
A飲食店衣料品店                    →  「飛散防止形蛍光ランプ」
B食品工場
Cマンションの共用部駐輪場

 

 

●高周波点灯専用形(Hf)蛍光ランプ      ハイルミックUVプレミアム

ハイルミックuvプレミアム内訳.jpg 

 

 

注)上記価格は定価(メーカー標準価格)ですので、実売価格はお問い合わせください

 

                      → 価格や製品についてのお問い合わせはこちら

 

▲このページのトップに戻る